news

2017.10.6

CAMPAIGN

大人のための「夜の紙芝居」

gsblog

THE STUDIO iwakura のイベント第3弾!
大人のための「夜の紙芝居」
を開催致します!
今回は、恵那の「爪切り地蔵」で知られる林昌寺住職【じきじゅ】さんをお迎えし「夜の紙芝居」の上映会を行います。大人が癒され、そして涙し、心揺さぶる紙芝居になります。

そして、春日井から独自の感性で腕を振る舞う【スカンクキッチン】さんに料理とドリンクを提供していただきます。

秋の一夜に お酒と紙芝居で ほっこり涙しませんか?
11月3日(金・祝)文化の日
18:30〜20:30
入場料 : 3000円(小学生以下 2000円)

ワンドリンク・食事付き
会場 : 「THE STUDIO iwakura」
じきじゅ

(本名:宮地直樹) 

1967年生まれ、三重県志摩市出身。父は漁師、祖母は海女という家庭で、男三人兄弟の末っ子として育つ。

中京大学卒業後、東京の商社へ就職。営業、商品企画を手掛ける。

1994年に出家し仏門に入る。永平寺の修行後妻の実家である岐阜の林昌寺副住職を務め、2006年住職となる。1996年アトリエ童心庵を立ち上げ子供の日常をモチーフにした粘土人形作りをはじめ東海・関西を中心に個展をひらく。2004年初めて自作の紙芝居を上映。以後公演回数は2000回を超える。2010年NHK「にっぽん紀行」著書「夜の紙芝居」講談社など。

【スカンクキッチン】
春日井を拠点に旬の食材を中心とした和食を軸に出張料理を展開。美味しい料理は勿論のこと、食べてくれる人に驚きや楽しみ、喜びを提供するエンターテイナー。また、和食のみならず各国料理、お酒に合う料理など形にとらわれず、自由な発想で組み立てるのがスカンクキッチンの持ち味。
                       

 ご予約・問い合わせ 専用ダイヤル

              ↓

090−3952−1096
thestudio-i@i.softbank.jp

Copyright © 2016 gilet All Rights Reserved.

> ご予約はこちら